私的酩酊講座~キヨミズ80%への軌跡~
○○○○イベバナー置き場○○○○

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sanrokunoiori.blog93.fc2.com/tb.php/136-08d802df

-件のトラックバック

-件のコメント

[C285] ビッグバン

ビッグバンフィストの威力・命中依存・・・一度運営に要望送ってる項目でもあるのですが、
酩酊スキルってナックルor素手状態でないと石筋使えなかったりとか、妙に素手に縛られすぎるのが勿体無い・・・。
というか全体的にバランスのいいスキルなのに、ここで選択肢絞っちゃって実に惜しいと思うのですよ。
単一スキルなのに、他スキルに生かすか殺すか左右されるっていうのが悲しいです・・・(酩酊取りたいけど素手が前提だからって断念する人。実際結構居るしね・・・)

・・・長文にて失礼を。
酩酊好きだから書いてみたけど、しばらく離れてる私が言うのは失礼なものかもしれないなぁ。
  • 2008-01-15
  • のば
  • URL
  • 編集

[C286]

 確かに素手よりなところが多いですね。酩酊は。 これと似たようなことは刀剣と神秘の関係にもいえなくもないかな。
 イリュージョンソードは刀剣ないと使えないし、ソニックストライクなんてイリュージョンソード投げるためにあるようなもんだし。武器の消耗ペナのヴァルキリーブレイドもこれ使うと関係ないしね。場面は限られるけど。ソニックはwarでもpreでも拾った武器投げるのかもしれんが、基本的に神秘持ち以外の人は覚えてるだけっぽいしね。

 ビッグバンはもう根底変える以外ないにしても、石筋はマクロ組めば何とかなりそうではあるかな。暴走したら目も当てられないけど・・・


 かなり関係ない話にまで行くけど、これを言い始めると、各シップに武器縛りがあるのもおかしいって話にもなってしまうんよね。テンプルナイトがなぜこんぼう? とかさ。
  • 2008-01-15
  • Kalbanort
  • URL
  • 編集

[C287]

神秘は大幅同意!
スキル同士の相性って枠超えちゃってるから、「イリュージョンこんぼうとかイリュージョンランス実装を」なんて言われてる訳だしね。

ネオトル系のはっきりした複合技が開発されている中で、単一スキルなのにビッグバンみたいな複合技扱いになってる技があるってのは、売りにしてる完全スキル制の自由度制約しちゃってやっぱ勿体無い。
ビッグバンは発動時所持してる武器の命中依存・威力酩酊依存だと問題ないと思うんだ・・・現状でも剣持った状態で腕振ってるしね;


複合シップは根本的に話が違う気がする・・・もともとゲームで作られたテンプレートの位置付けだから。
前提として縛るために用意されたものだし、カザネさんの意見は違う気がするなぁ。
記事の話題と逸れちゃうのでこれで止めますが・・・
因みにテンプル(昔は刀剣だった)と棍棒って「筋力取れない分の攻撃力補完(神秘のエンチャントもこれ)・魔法詠唱の距離取り」の二点で実は刀剣より相性が良い。
しかも調べてみたら歴史上は棍棒使うのが正統だったりする・・・(日本人の固定観念だと剣持った勇者だけどね。)
  • 2008-01-15
  • のば
  • URL
  • 編集

[C289]

 イリュージョンこんぼうとか槍ってのはいいけど、どの技に使えばいいんだろうって気がしないでもない私がいる。槍はDFがもっとあてやすくなればDFだろうけど、現状だとタイダルなんかなぁ。こんぼうはスニークとかチャージドか・・
 いずれにしろ、刀剣並みに派手なものがないな・・・

 ん? 武器に命中率ってあったけ?
 威力酩酊依存はまあよさそうだね。キックと同じになるけど。

 んー。やっぱ違う話になるか。相性って言うか、自分の好きな武器で好きなシップ名とりたいっていうわがままでもあるんよ。
 歴史上はこんぼうで正しいのか。弓とか槍とか使ってる異端児はいなかったのかなぁ・・(シツコイ
  • 2008-01-16
  • Kalbanort
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

私的酩酊講座~キヨミズ80%への軌跡~(暫定版)

 さて、今日の更新は実はこちらが本番。酒肴イベントも行うことだし、過去記事に埋もれかけてる酩酊講座もSSを使ってちょっと豪華に改訂してみようかね。

 の前に、過去記事からちょっと引用。しかし相変わらず長文好きだな私は・・


 ところで、MoEには酩酊というスキルがあります。お酒を飲んで酩酊度を上げた状態で無ければ技が使えないという縛りが存在するスキルですが、その技の優秀さには目を見張るものがあります。

 また、優秀さとは別にスキルを90まで鍛え上げるとキヨミズパッションという様々な面で便利な技を覚える事ができます。簡便に申しますと、あまり幅のない崖や溝は簡単に越えていけます。具体例としては、地下水路のミスリル掘り場へ確実にショートカットできる、といったところでしょうかね。

 さて、酩酊を90まで上げた場合、当然それ以下の技も使えるようになっているわけです。その中で移動しながら範囲攻撃ができるのが、酩酊70スキルビッグバンフィスト。これは素手スキルに威力が依存されます。故に、これを生かすには素手スキルが必要となるわけですね。次いで、この素手スキルはキックスキル値の高低でディレイ短縮のオプションが付いたり付かなかったりします。酩酊素手キックはこのように互いを助け合う効果が期待できるわけですね。

 そして忘れてはならないのが戦闘スキルという、キャラクターの基本的な能力を決定するスキル達。持久力が無ければスタミナはすぐに枯渇してしまいます。攻撃回避が高ければどんなに重い一撃もMissに出来る可能性が高まります。まあ、こちらは過信は禁物ですが。ともあれ、そうしてスキルを鍛えていけば・・・

 はい、酔拳聖完成ですね♪

 え? おかしなところは無いですよ? 酩酊素手キック持久力攻撃回避が90以上なら酔拳聖ですもん。うん。おかしくないおかしくない。
 ということで、みんなも酔拳やろうぜb

(すいません調子に乗りましたorz でもほんと酔拳は楽しいのでご一考下さい)


 と、イベントも決定したんでまた酔拳の宣伝宣伝・・・

 スプなくなったせいでちょっとスキル上げが面倒になったけど、40で酔拳士のシップ名を受けるのはそう難しいことではないので、今まさに育てている方も、やってみようかなって思ってる方も、後2週間目指してみてはいかがでしょうか?





 各スキルの上げ方は、Wiki等にどのようにしてあげればいいか書かれてもいますが、ここではより具体的な相手を示しながら、スキル90までの上げ方を勝手に説明したいと思います。

 題して、酩酊講座


 酩酊スキルを上げるためには技書の入手はもちろん、お酒を用意する必要があります。ラム・ワイン・スパークリングワイン・ウォッカ・サマーナイトリカー・ビール・ドブロク・・・等、それなりの数が必要となります。ただし、酩酊上げで使うのはラム・ワイン・ウォッカくらいですので、序盤はワインをPC露店より購入してスキル上げすることをお勧めいたします。

 お酒を飲むことによって、ステータス欄にある飢餓値の一番右の数値が上昇し、それが(小数点以下は見えないので)0より大きい時に酩酊スキルを使うことが出来ます。逆に言えば酩酊値が上がっていない時に技は使えませんので、数値の変動には常に気を配る必要があります。


 さて、準備は整いましたかな?


 スキル0~30(前期作業的スキル上げ)
 相手はミーリム城門前でみんなのアイドルと化しているベビースネークさんです。
 使用技はボーンレス・マイティーグラブ・センスレス・ディザスターナップ(以下好みでビッグバンフィスト)

 お酒を飲み、酒の効果が切れるまでひたすらに上記の技をディレイ消化順に使用していきます。最初はボーンレス以外まず成功しませんが、失敗してもスキル上昇判定はあるので問題はありません。

 お酒が切れたらアンチマクロ対策としてベビースネークを優しく屠り、肉を奪ってください( ≧≦)b

 これを延々繰り返すだけですぐに30まで上がります。



 スキル30~50(酩酊第一次黄金期)
 相手は地下墓地で漂っておられるレイスさん達です。
 使用技は基本的にストーンマッスル一本。ダメージ軽減のためにボーンレスやもったいない精神をお持ちの貴方ならばマイティーグラブも使うといいでしょう。

 レイスといってもいくつかタイプが存在しますが、今回は危険度高めと低めの二種類を紹介いたします。もちろん危険度が高いほうが上がりも早いです。

戦士系レイス 地下墓地・地下二階・北東の部屋

 まず危険度高めの相手はレイスの中でも戦士系と呼ばれる者達です。移動が早く、手数がかなり多いために初期育成なんかにも使われていますね。彼らを4~5人突いて集め、ストーンマッスルで防御する事によって見る見るスキルが上がっていきます。余りに早いのですぐにアンチマクロがかかってしまうのが難点ですが、近場のレイスを倒してルートすることでアンチマクロをきってください。50までこれでひたすらに駆け上がります。


 次に危険度低めの相手はメイジ系レイスです。移動が遅く、剣士系に比べると攻撃間隔が遅いので、HPが危なくなった時に走って逃げることも可能です。それ以外は先に説明した剣士系とやり方に変わりはありません。こちらでも十分に早く50に到達が可能です。


 レイス以外にもネオク高原に生息しているサンドワームなんかもストーンマッスル上げに利用できます。ただしこちらもあんまり占領しすぎると問題になりかねないので、自己責任でお願いします。



 スキル50~60(後期作業的スキル上げ)
 相手は基本的に誰でも構いません。ベビースネークでもそのままレイスでもいいです。
 使用技はマイティーグラブ・センスレス・ディザスターナップ(お好みでビッグバンフィスト)
 0~30まででやったような延々酒効果が切れるまで技を使用し、酒が切れたところでアンチマクロを解除するというやり方で進めていきます。第一次黄金期を体験した後ではより一層地味な作業になりますが、それでもやはり上がりはとてもいいので飽きる前には60までいけます。



 スキル60~80(酩酊第二次黄金期)
 相手は引き続き地下墓地に居られるレイスさん達です。
 使用技はドブロクスプレイ・ディザスターナップ。防御用に石筋とボーンレスを忘れずに。また、70以後はビッグバンフィスト(ナックルなし)をお好みで。

 レイスのタイプとしては剣士系を薦めます。理由は7~9体をかき集める必要があるからです。メイジ系は足が遅いので時間がかかるうえ、たまにどっかいってしまうのでめんどくさいです。

 かき集めた後はひたすらに酒が切れるまで技を乱発。出来れば2回ドブロクしたあとに一匹倒してルートするのがいいでしょう。ただしムリは禁物。

 これで80まで引っ張る事が可能です。


 こことは別に、70以後はダーイン山・オーク村でスキル上げするのもいいでしょう。
 場所はオーク学校です。

ルート

 学校の入り口に一番近い生徒の後ろに立ち、ドブロク → ビッグバン → ルートに沿って移動 → ストーンマッスルでST回復 → ドブロク → ビッグバン → センスレスという具合に技を放ちます。現在はセンスレスの仕様が変わってしまったので、もしかしたらセンスレスの効果時間中にストーンマッスルのディレイが終了していないかもしれませんが、一応センスレスが切れたら、攻撃に合わせてストーンマッスル → ドブロク → ビッグバン → 生徒全滅 → 先生を倒すという流れにつながります。ラム一本でこれが行えたので、なかなかに悪くはないと思います。



 80~90(ハイリスクハイリターン)
 相手はダーイン山にいるオーク新兵*9リーダーの計10匹となります。
 70以後をオーク学校で過ごした方は、無事卒業して兵役につくわけですな(チガウ
 使用技はフレイムブレス・ビッグバンフィスト。また、防御手段と回復手段の確立が必須となります。

かき集め方

 移動ルートは、私自身がかき集める時に動いた道筋です。別に、こんなものどうでもいいんですけどね。要は10匹全部がブレスの範囲内であれば。

 オーク新兵とリーダーをかき集め、ひたすらブレスとビッグバンで攻撃します。この時、ブレスのターゲット対象は、集団の中心付近にいるオークにしておきましょう。しかし相手は10匹という大群なので、一歩間違うとダメ20前後*10全部被弾で即死もありえます。意外に攻撃感覚は早めに感じるので、できれば支援者が欲しいところではあります。しかしながら、食べ物BUFF等を最大限に使えば比較的安定してソロでもいけます。

 ステータス的にはHP240前後 AC65 回避90もあれば、トマジュー飲んで挑めばそうそう死にません。少しの間盾38を取るのも手かもしれません。

 これらのオークは100g↑のお金と、ラム・ワイン・ウォッカなどのお酒を落とします。ゆえに酩酊度を上げるための飲むお酒はまず切れません。むしろ拾いすぎて動けなくなるほどです。重量には注意しましょう。

 60~80の時に比べて若干上がりが渋くなりますが、ブレス触媒のウォッカを500も使えば90に到達できるでしょう。90以降はやったことがないので、後はお好みで。







 ふー、長いね!b

 誰か読んでくれるんだろうかこの講座・・

 か、感想は一応あれば、ないだろうけど・・・・・待ってまふ~ノシ
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sanrokunoiori.blog93.fc2.com/tb.php/136-08d802df

0件のトラックバック

4件のコメント

[C285] ビッグバン

ビッグバンフィストの威力・命中依存・・・一度運営に要望送ってる項目でもあるのですが、
酩酊スキルってナックルor素手状態でないと石筋使えなかったりとか、妙に素手に縛られすぎるのが勿体無い・・・。
というか全体的にバランスのいいスキルなのに、ここで選択肢絞っちゃって実に惜しいと思うのですよ。
単一スキルなのに、他スキルに生かすか殺すか左右されるっていうのが悲しいです・・・(酩酊取りたいけど素手が前提だからって断念する人。実際結構居るしね・・・)

・・・長文にて失礼を。
酩酊好きだから書いてみたけど、しばらく離れてる私が言うのは失礼なものかもしれないなぁ。
  • 2008-01-15
  • のば
  • URL
  • 編集

[C286]

 確かに素手よりなところが多いですね。酩酊は。 これと似たようなことは刀剣と神秘の関係にもいえなくもないかな。
 イリュージョンソードは刀剣ないと使えないし、ソニックストライクなんてイリュージョンソード投げるためにあるようなもんだし。武器の消耗ペナのヴァルキリーブレイドもこれ使うと関係ないしね。場面は限られるけど。ソニックはwarでもpreでも拾った武器投げるのかもしれんが、基本的に神秘持ち以外の人は覚えてるだけっぽいしね。

 ビッグバンはもう根底変える以外ないにしても、石筋はマクロ組めば何とかなりそうではあるかな。暴走したら目も当てられないけど・・・


 かなり関係ない話にまで行くけど、これを言い始めると、各シップに武器縛りがあるのもおかしいって話にもなってしまうんよね。テンプルナイトがなぜこんぼう? とかさ。
  • 2008-01-15
  • Kalbanort
  • URL
  • 編集

[C287]

神秘は大幅同意!
スキル同士の相性って枠超えちゃってるから、「イリュージョンこんぼうとかイリュージョンランス実装を」なんて言われてる訳だしね。

ネオトル系のはっきりした複合技が開発されている中で、単一スキルなのにビッグバンみたいな複合技扱いになってる技があるってのは、売りにしてる完全スキル制の自由度制約しちゃってやっぱ勿体無い。
ビッグバンは発動時所持してる武器の命中依存・威力酩酊依存だと問題ないと思うんだ・・・現状でも剣持った状態で腕振ってるしね;


複合シップは根本的に話が違う気がする・・・もともとゲームで作られたテンプレートの位置付けだから。
前提として縛るために用意されたものだし、カザネさんの意見は違う気がするなぁ。
記事の話題と逸れちゃうのでこれで止めますが・・・
因みにテンプル(昔は刀剣だった)と棍棒って「筋力取れない分の攻撃力補完(神秘のエンチャントもこれ)・魔法詠唱の距離取り」の二点で実は刀剣より相性が良い。
しかも調べてみたら歴史上は棍棒使うのが正統だったりする・・・(日本人の固定観念だと剣持った勇者だけどね。)
  • 2008-01-15
  • のば
  • URL
  • 編集

[C289]

 イリュージョンこんぼうとか槍ってのはいいけど、どの技に使えばいいんだろうって気がしないでもない私がいる。槍はDFがもっとあてやすくなればDFだろうけど、現状だとタイダルなんかなぁ。こんぼうはスニークとかチャージドか・・
 いずれにしろ、刀剣並みに派手なものがないな・・・

 ん? 武器に命中率ってあったけ?
 威力酩酊依存はまあよさそうだね。キックと同じになるけど。

 んー。やっぱ違う話になるか。相性って言うか、自分の好きな武器で好きなシップ名とりたいっていうわがままでもあるんよ。
 歴史上はこんぼうで正しいのか。弓とか槍とか使ってる異端児はいなかったのかなぁ・・(シツコイ
  • 2008-01-16
  • Kalbanort
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アクセスカウンター

プロフィール

Kalbanort

Author:Kalbanort
画像を大きく
MoE E鯖放浪中。HNカルバノート
1st メテオール(支援型テイマー破壊58)
2nd カザネ(戦技盾酔拳聖)
3rd マサムネ(MIN/CREの生産)
4th スノーライト(刀剣棍棒盾? 改造中)
5th マサミニ(海王候補生)
6th カザもに(war用牙罠拳聖)
7th Kalbanort(荒くれアスリートよっぱ・P鯖)
8th MkII(ブラデザ収集持ち)

sa3nim8jizあっとyahoo.co.jp

リンクはフリーですのでご自由に。
画像直接は負荷の問題で禁止。
いないと思うけど文章の転用は許可得ないとダメよん

もえくろ

ネトペ

Master of Epic

公式ページへ

「(C)2005 HUDSON SOFT / GONZO Rosso Online All rights reserved. 株式会社ゴンゾロッソオンライン及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」

ブログ内検索

管理用

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。